ふともものむくみの原因は、血流の流れが悪いことによるものです。

本来であれば、血液は新鮮な酸素を運び、老廃物を受け取り循環されなければなりません。

ところが何らかの理由で循環が悪くなると、排出されるべき老廃物がたまりそれがむくみの原因になるのです。

またふとももは心臓から離れていることと、重力の影響で下半身に血液が集中していることにより、血液の循環はされにくいこともあります。

冷えや筋力の低下、疲れなど複数の原因が重なりむくみが重くなっていきます。

むくみを解消するにはいくつかの方法があります。

冷えなどからくる場合のむくみに対しては、足湯や入浴、蒸しタオルなどで温めるなどをして、血液の循環をよくすることです。

さらにマッサージなどをすることにより血液、リンパの流れもスムーズになり老廃物を運んでくれるので効果的です。

また筋肉が低下していると、ポンプもうまく働いてくれず、温めたりマッサージなどをしても一時的な解決策にしかならないので、毎日継続してストレッチや軽い運動をすることにより、意識して太ももの筋力をつける工夫をすることが大切です。

またストレッチや運動を行う際、さらに意識して行ってほしいのが腹式呼吸です。

大人になって大きく息を吸ったりはいたりなど深呼吸をすることはなかなかないのではないでしょうか?

深呼吸することにより、新鮮な酸素を体に取り込み、きれいな血液を体の隅々まで、運ぶことにより、血液の循環もよくなり老

廃物も流れやすくなり、むくみにくい体になるのです。

なかなか運動を日常に取り入れることが難しい方は、着圧式のレギンスなどを着るだけでもずいぶん違います。

病院で手術を受けたことがある方は、経験あると思います。

手術前に、血流が滞ることを防ぐひざ下のきつい靴下をはきます。

手術で眠っているので血流が滞るためこのようなきつい靴下を着用しますが、普段であれば、適度なものでも効果はあります。

毎日の生活を見直し、バランスのよい食事と睡眠を気を付け、毎日少しの運動を取り入れることでふともものむくみは解消されるのです。

トリキュラー28通販