月に1度、女性にとっては本当に憂鬱な週がありますよね。
生理の前からPMSによって体の不調を訴える方も多いかと思います。私も生理の1週間前から、むくみ、眠気、食欲増進、さらに便秘、便秘による肌荒れと体重増加…本当に厄介です。
生理が来たら来たで、動けなくなるくらいの腹痛と腰痛。もう嫌になってしまいます。
友人に聞いた話によると、生理痛の症状は、生理の前の1か月の生活環境によって変わってくるのだそうです。つまり、暴飲暴食や睡眠不足など、体に悪いことをしていると、その月の生理痛はとても酷くなってしまうんですって。
ですので、出来るだけ規則正しい生活を毎日心がけることで、生理痛も緩和されるとのことです。
しかし、仕事の都合などでどうしても残業がちになったり、断れない飲み会が入ったり…そんな簡単に生活を改善することは難しいですよね。大人の女性って本当に大変です(>_<) そんな生活を続け生理痛が酷い時は、とにかく体を温めてください。 具体的に私がしている方法は、下腹部と腰に『貼るホッカイロ』をダブルで貼ります。夏は暑いので貼らないこともありますが、これだけでだいぶ生理痛の重さが違います。腹痛と腰痛、どちらも緩和されます。 また、体の中から温めることも意識して、しょうが湯を飲んだりもしています。体がポカポカして、生理痛が楽になる感じがしますよ。 温かい飲み物が何でも良いわけではなく、コーヒーは生理痛を酷くする作用があるようなので、気を付けてくださいね。 トリキュラー28格安